アトリエ虹色空間の日々〜多肉植物と共に〜

多肉クラフトマスター修得後、墨田区の自宅にて多肉の寄せ植えワークショップをしています(3.4.5.9.10.11.12月のみ)。

多肉クラフトマスター取得の後、
多肉の寄せ植えワークショップを墨田区・小村井の自宅にて始めました。(女性限定・3.4.5.9.10.11.12月のみ開催)
10月は5.11.16.27日開催。完全予約制です。
詳しい内容、時間はblogのカテゴリータグにあるワークショップのタグをご覧下さい。
お問い合わせ・お申し込み→nijiirokuukan0430@gmail.comまでお気軽にお問い合わせください(*´∇`*)

こぼれ多肉!!

また雨ですね、8月になってからこちらは1日も雨が降らなかった日はないとさっきTVでやっていてビックリしました>_<



わたし、暑いの苦手で夏はあまり好きではないですが流石に晴れてほしいものです( ;´Д`)



さてさて、多肉って落ちた葉からも芽を出すので気がつくと鉢の中で増えていたりするのですが、たまにビックリする所にいる時ないですか??


最近見つけた我が家のこぼれ多肉さん、まずはこれから!



さて何処にいるでしょうか??



正解は



フェイクのキノコの下にいました(*´꒳`*)


ピコッ!と芽がでていますね。



そして此処にもいました!


これはきっとここのブロンズ姫から落ちたものかな〜

ここ通る時、狭いのでよく体が当たってしまうのでその時にポロっととれてしまったんだと思います。



そしてユーフォルビア(多肉ではありません)のふもとにはクーペリーが。

側にはクーペリー置いていないので、どこから来たのか謎です。

いつの間にかお花も咲かせていました(*´꒳`*)



最後はこちら


なんと水槽の中にポロリしたらしく、そして水中でも芽をだしていました!

これもビックリ〜



多肉の鉢を、雨だったり日の当たり具合だったりでしょっちゅう場所を移動させたりしているのでその時色んな場所に落ちているんだと思います(*´꒳`*)



多肉が本来生息しているところは、花粉を運んでくれる虫や動物などが少ないので自らの力で新しい命を繋いでいかれるように落ちた葉や折れたところからも芽を出すように進化したとゆうのを本でみた時に、なるほど、、、すごいなぁ〜と感動しました。


多肉の花が個性的な色や形をしていて、長い期間咲くのも虫などに見つけてもらいやすくする為なんだそう。


その場から動けない植物は、多肉に限らず色んな手段で次に繋げていこうとするのですね。



知れば知るほど、そのパワーに感動してしまいます( ;∀;)♡




〜おまけ〜


12日から息子が観察しはじめたきのこ(しいたけ)が最初こんな感じだったのに



もうここまで成長しました!


す、すごーい!

収穫できる日も近そうで、初めは気持ち悪いと思っていましたが段々可愛く思えてきました笑


きのこ好きの息子は、可愛いーと言ってキノコ撫でてます笑←ちょっと心配(^^;;

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。