アトリエ虹色空間の日々〜多肉植物と共に〜

多肉クラフトマスター修得後、墨田区小村井の自宅にて多肉の寄せ植え・アレンジワークショップをしています(3.4.5.9.10.11.12月のみ)。

多肉クラフトマスター取得の後、
多肉の寄せ植えワークショップを墨田区・小村井の自宅にて始めました。(女性限定・3.4.5.9.10.11.12月のみ開催)
10月は5.11.16.27日開催。完全予約制です。
詳しい内容、時間はblogのカテゴリータグにあるワークショップのタグをご覧下さい。
お問い合わせ・お申し込み→nijiirokuukan0430@gmail.comまでお気軽にお問い合わせください(*´∇`*)

この寒さの中、我が家の多肉たちは!

今日は若干連日の寒さよりは和らいだかな、、、。


今週は月曜日の雪に始まり、こちら東京墨田区でも夜は氷点下、日中も5度行かない日も。


多肉を始めてからこの寒さは経験したことがなかったので未知の世界(^^;;


いつもは室内には入れず外で頑張ってもらっていましたが、、、流石に今回は少し室内に避難したものも。


お客様にお渡し予定の寄せ植えや、植えたばかりのまだしっかり根付いていないものは特に慎重に扱いました(*´꒳`*)


ここで注意なのが、室内に置いた時でも太陽の光に当てる事。

お部屋が暖かいと、休眠中のものも活動し始めます。

そこで日の光が当たらない暗いところに置いておくと徒長(間延び)しやすく、綺麗な形だったものもヒョロヒョロ〜として形が崩れてしまいます( ;∀;)

室内ても多肉の日向ぼっこは必須です!


↑太陽の光を浴びている多肉、気持ち良さそうでしょ〜。


外の多肉はこんな感じで簡易温室に入れたり

(簡易温室は外の温度とあまり変わりませんが、冷たい風よけにはなります!)


使わなくてなった水槽に入れたり


ダンボールに入れたり(気温の下がる夜だけで日中は出して太陽あてています)


不織布シートをかぶせたり(これも夜のみ)


なにもせずな外の多肉も、北風があたらない場所に移動したりはしました。


同じ気温でも冷たい風が当たるか当たらないかで全然違うと思います(*´꒳`*)


少し大変な一週間でしたが、今のところ凍ってしまったりダメになった多肉はありません(*´꒳`*)


あ〜春が待ち遠しい。。

春を待つ!にぴったりな写真がありました↓

春を待つカエルとサボタニ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。