アトリエ虹色空間の日々〜多肉植物と共に〜

多肉クラフトマスター修得後、墨田区小村井の自宅にて多肉の寄せ植え・アレンジワークショップをしています(3.4.5.9.10.11.12月のみ)。

多肉クラフトマスター取得の後、
多肉の寄せ植えワークショップを墨田区・小村井の自宅にて始めました。(女性限定・3.4.5.9.10.11.12月のみ開催)
10月は5.11.16.27日開催。完全予約制です。
詳しい内容、時間はblogのカテゴリータグにあるワークショップのタグをご覧下さい。
お問い合わせ・お申し込み→nijiirokuukan0430@gmail.comまでお気軽にお問い合わせください(*´∇`*)

多肉をカット!

春、グングン!グングン!多肉達が育っていますよね(*´꒳`*)


仕立て直しや植え替えには適した時期があります。(春、秋が適期のものがほとんどです。一部他の時期のものもありますが。)


適していない時期にやるとなかなか根がでなかったりしてダメになってしまったりも。

なので、きちんと適した時期にすることをオススメします(*´꒳`*)


我が家も少しだけ先日、仕立て直しの為にカットしました。


カットしてから3.4日は乾かします。


カットしたものはそのまま置いておくと茎が曲がってきてしまうので、、、


今回は100均でバーベキュー用の網と、家にあったお菓子の空き箱を使って切り口を乾かしています(*´꒳`*)


↑これを見た夫が、「多肉、焼くの??」って聞いてきました(笑)


しっかり切り口が乾いてから、乾いた土に挿し根が出てから(2週間くらい)水遣りをします(*´꒳`*)


でも、、、土に挿して根が出ているか確認するのって難しいですよね、、、上に引っ張ってスッ!と抜けなければ根が土に活着している証拠。

でもほんの少し根が出たくらいだとスポッ!と抜いて確認するしかないですね^_^;なんだか面倒、、、


それが不安な場合は、3.4日以上そのまま乾かしておいて根が出てきてから植えてもいいです(*´꒳`*)

この時、葉が薄かったり細かい種類のもは長い間乾かしておくとカリカリシワシワになってしまうので、長期乾かすのは向いていませんのでご注意を!


万年草系のセダムなら、全然乾かさずカットしてすぐ挿してしまっても全然大丈夫ですよ〜


我が家の踏み石の隙間にパラパラしておいセダムも今の季節はワサワサです(*´꒳`*)




狭〜いお庭にも春の変化が!

冬は居なくなったホスタも、、、ここ最近ニョキニョキ出てきました(*´꒳`*)



春は色々発見があって楽しいです(*´꒳`*)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。